【チャート1】
国民健康保険と他被保険者の被扶養者の比較

加入できる
健康保険
 国民健康保険 

※詳細はお住まいの市区町村へお尋ねください
 他被保険者の被扶養者 

※詳細は加入先の健保組合にお尋ねください
加入資格
国民誰もが加入できる公的制度
(運営は居住地の市区町村)
加入先の健保の条件を満たしている方
加入期間
就職して他健保の被保険者になるまでか、他健保の被扶養者になるまで
加入資格を満たしている間
保険料
居住地の市区町村により異なる
(詳しくは居住地の市区町村 国保担当窓口へ)
前年年収により算出される

【国民健康保険料の軽減措置について】
 平成22年4月から、倒産・解雇などにより離職
 した方および雇い止めなどにより離職した方
 について、離職の翌日から翌年度末までの
 間、 前年給与所得を30/100とみなすことに
 よる国民健康保険料の負担軽減措置が講じ
 られています。
 該当の方は、国民健康保険に加入した方が
 保険料負担が低くなる場合がありますので、
 事前にお住まいの市区町村へご確認願い
 ます。
 (軽減措置を受けるには市区町村への申請
 が必要になります。)


自己負担はなし
制度
福祉に積極的な市区町村によっては、保険サービスが充実している。
付加給付がない。
加入先の健保によって制度が異なる
加入手続き
退職後、ただちに居住地の市区町村国保担当課へ

注) 退職が決まったら、事前に居住地の市区町村担当課へ出向き、必要書類の確認・届出用紙の入手・給付内容や保健サービス内容等、確認しておくと良い。
加入先健保によって手続き方法が異なる
保険証
市区町村役場にて手続きを行った際に、保険証が発行される
加入先の健保の基準による