満75歳になったら『後期高齢者医療制度』へ
 満75歳になった方は後期高齢者医療制度へ加入することになります。
 後期高齢者医療制度とは、急速な少子高齢化に伴い増大する高齢者の医療費を社会全体で支え、わが国の医療保険制度を将来にわたり持続可能なものとしていくため、現役世代と高齢者世代との負担を明確化し、高齢社会に適応した仕組みを作るために設立されました。運営は各都道府県ごとに新しく設立された後期高齢者医療広域連合と市区町村が協力して行います。

後期高齢者医療制度の概要  後期高齢者医療制度の概要ダウンロード

ソニー健保への手続き

 75歳の誕生日から「後期高齢者医療制度」へ移行される方や、移行する被扶養者がいらっしゃる方には、ソニー健保より事前にご案内いたします。ご案内が届きましたら、ソニー健保の脱退手続きを行なっていただきます。

※寝たきり等の理由で、75歳未満で障害認定され、後期高齢者医療制度へ移行する被扶養者がいらっしゃる時は、ソニー健保までご連絡ください。