健康保険の給付の種類
 健康保険が使える医療には給付(以下保険給付)があります。また、出産・病気・ケガで会社を長期にわたって休んだとき、死亡したときには、自己負担を軽減する保険給付があります。

まずは給付を大きく分類する

 何種類もある健康保険の給付(保険給付)も、その内容別に整理してみれば、『現物』『現金』に分けられ、さらに『法定』『付加』に分けられます。中でも『現物給付』は保険証を使って診療を受けたときに給付されるもので、患者にとっては「医療という現物」を受給できることになります。

  現物給付 現金給付
意 味 医者(病院)から診療、薬、治療材料など「医療という現物」を受給すること。つまり「医療サービス」を受けること。 医療という現物(医療サービス)だけでは足 りない部分を補うため、 ソニー健保から「現金」を受給すること。
受給手続 必要なし
(原則として保険証を提示するだけ)
必要
(ご自身で手続きをしないと給付を受けられません)
  法定給付 付加給付
意 味 健康保険法で支給基準や要件等が定められている給付のこと。 法定給付にプラスしてソニー健保が独自に定めた給付のこと。
受給手続 必要なものと、そうでないものがある
(詳しくは各給付のページ参照)


さらにすべての給付を分類する

給付の内容 法定給付 付加給付(現金給付) 受給手続



保険証で診療を受けるときの給付 療養の給付
家族療養費
訪問看護療養費
家族訪問看護療養費
一部負担還元金
家族療養費付加金
訪問看護療養費付加金
家族訪問看護療養費付加金
必要なし
自己負担を軽減する給付 本人高額療養費
家族高額療養費
合算高額療養費
入院時食事療養費
一部負担還元金
家族療養費費付加金
合算高額療養費付加金
  −



保険証で診療を受けなかったときの給付 療養費
第二家族療養費
一部負担還元金
家族療養費付加金
必要あり
*ただし、ソニー健保が認めた場合に限る
自己負担を軽減する給付 移送費
家族移送費
埋 葬 料
家族埋葬料
出産育児一時金
家族出産育児一時金
出産手当金
傷病手当金
  −
  −
  −
埋葬料付加金
家族埋葬料付加金
出産育児一時金付加金
家族出産育児一時金付加金
出産手当金付加金
傷病手当金付加金
/延長傷病手当金付加金
必要あり

※ 給付の請求権の時効は2年です。(期限を過ぎると権利は消滅します)



給付を受けるまでの仕組み

 保険証を使って病院にかかると、病院の窓口ではかかった医療費の一部(一部負担金という)を支払えば、健康保険法で定められた医療をすべて利用できる仕組みになっています。このとき、残りの医療費はソニー健保が保険給付として病院に支払っていることになります。もちろん、その財源となっているのは皆さんと事業主が支払っている保険料です。

図説保険給付の仕組み

図説:保険給付の仕組み


Copyright 2003 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.