健康保険が使える医療とは
 ほとんどの医療に健康保険が使えますが、中には健康保険が使えない診療もあります。「健康保険が使える医療」とは、すなわち保険診療のこと。ここでは保険診療が適用される・されない医療について解説します。


健康保険はほとんどの医療に使えます

【健康保険が使える医療】
医療の種類 その内容
1.診察・検査  業務外の病気・ケガの治療のほとんど、治療にかかわる検査に保険が使えます。
※業務上や通勤途上の病気・ケガは『労働者災害補償保険』(労災保険)が優先します。すみやかに事業主(会社)に届け出てください。
2.薬剤または治療材料  治療に必要な薬剤(薬・注射等)や治療材料(包帯等)に保険が使えます。
 なお、薬剤は厚生省が定める『薬価基準』に掲載されている薬のみ保険が適用されます。
3.処置・手術などの治療  治療に必要な処置や手術に保険が使えます。
 ただし、現在研究中のものや医学会で認められていない特殊な治療に保険は使えません。
4.入院・看護  医師が必要と認めた入院や入院にかかる看護に保険が使えます。ただし、入院は一般室で、特別室(個室等)には保険が使えません(下記注参照)。
 また、入院時の食事代は、一定額の標準負担額を自己負担しなければなりません。
5.在宅介護にともなう看護  自宅で療養している人が訪問看護ステーションからの訪問看護を受ける場合に保険が使えます。
※介護保険の認定を受けた方は、原則として介護保険の給付が優先します。

注)入院の際、個室などの特別室に入る場合には、健康保険を使って利用できる一般室の料金との差額を自己負担することになります。


 健康保険が使えない医療(以下1〜8を行った時は、保険で認められている金額を含め、かかった費用を全額自己負担しなければなりません。


【健康保険が使えない医療】
1.単なる疲労や倦怠などに対する診察 2.美容を目的とした整形手術 3.身体機能に差し障りのない先天性疾患 4.研究中の高度先進医療
(下記注参照)
単なる疲労や倦怠 美容を目的にした整形手術 身体機能に差し障りのない先天性疾患 研究中の高度先進医療
5.予防注射 6.正常な出産 7.人工妊娠中絶手術 8.健康診断
予防注射 正常な出産 人工妊娠中絶手術 健康診断

注)都道府県知事の承認を受けた医療機関(特定承認保険医療機関)で、厚生大臣の定める指定治療を受けた場合、高度医療の技術料のみが自己負担となり、室料や一般 処置料には健康保険(特定療養費)が使えます。ただし、指定を受けていない一般の医療機関で治療を受けると全額自己負担となります。


Q&Aコーナー
歯の治療で自費診療となるのはどんなときですか?

 歯の治療は『保険診療』と『自費診療(患者が希望する場合)』の二本立てになっています。「保険を使うか、自費を使うか」の選択が必要になるのは、「歯を削ったり、抜いたりした後、どんな材料を使って歯を元の形に修復するか」というときです。

 ただし、前歯の治療に関しては、前歯部の鋳造歯冠修復に際し、貴金属を使用する場合、患者がその材料差額を負担すれば健康保険が使えます。このように前歯の治療には差額徴収治療が認められていますが、治療前に必ず歯科医と相談してください。
 ※材料差額として患者が負担する金額は、「歯科医が購入した貴金属購入価格」から「健康保険で認められた材料価格」を引いた差額です。



ことばの解説コーナー

●入院時の食事代(標準負担額・1食あたり)

一 般 360円※
低所得者U
(市町村民税非課税世帯等)
90日以下の入院 210円
90日を超える入院 160円
70歳以上かつ低所得者で所定の所得がない者
低所得者T
100円


※患者自身の希望で特別な料理等のサービスを受けるときは、別途自己負担が必要です。
※一般以外は減額措置がとられます。『健康保険標準負担額減額認定証』の交付を受ける必要がありますので、詳しくは健保までお尋ねください。

入院時の食事代




Copyright 2003 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.