全額立て替え払いしたときの給付
 保険給付の中には、かかった医療費を全額立て替え払い(自己負担)した後、自分で請求の手続きをすれば現金給付が受けられる診療があります。ただし、自己負担した全額が戻ってくるわけではありませんのでご注意ください。

立て替え払い後の給付の仕組み

 (療養費・第二家族療養費の受給要件と請求手続き)に挙げた診療については、原則として被保険者・被扶養者ともかかった医療費を全額一時立て替え払いしなければなりません。

 その上で後日、ご自身でソニー健保へ請求手続きをすれば、かかった医療費の払い戻しが受けられます。ただし、全額が戻ってくるのではありません。かかった医療費を「保険診療の費用に準じた額」または「健康保険法で定められた基準額」で計算し直し、その金額の7割が給付額になります。(被保険者・被扶養者とも)
 この給付を被保険者の場合『療養費』、被扶養者の場合『第二家族療養費』といいます(下記図説参照)。

 また、療養費、第二家族療養費は、無条件に受給できるわけではありません。「ソニー健保がやむ得ない事情があると認めた場合」などの受給要件を満たす必要があります。

療養費


図説療養費の受給例

図説:療養費の受給例

PDF:療養費支給申請書』
 
※給付の請求権は2年間です。(期限を過ぎると権利は消滅します)

PDFファイルを開くにはAdobe社のAcrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、下記をクリックして、画面の手順に従って、ダウンロードして下さい。


PDF:療養費・第二家族療養費の受給要件と請求手続き



Copyright 2003 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.