医療費への理解を深めるために
   ソニー健保では、『医療費のお知らせ』と『保険給付金・支給決定通知書』をWEB上で
   通知しています。
   毎月20日に更新し、ご自宅からも閲覧できますので、ご家族皆さまでご活用ください。

ソニー健保発行の通知書類

通知の種類 主な内容 通知対象
医療費のお知らせ 1年間に家族全員がどれだけ医療費を使ったか、理解できるようになっています。 医療機関等で保険診療を受けた人
保険給付金・支給決定通知書 ソニー健保が給付する一部負担還元金、家族療養付加金などの支給額と給付対象となった医療費がわかるようになっています。また、医療費控除の申告をする際の給付額の証明にも利用できます。
※ソニー健保の給付は自動支払いのため、この通知書で支給額等の確認をお願いします。
医療機関等で保険診療を受けた人のうち、給付金の支給がある人



医療費のお知らせ


『医療費のお知らせ』は、家族全員の受診歴が確認できるもので、個々の医療費や年間医療費総額を理解していただくことを目的にしています。
 皆さまが病気やケガで健康保険で診療を受け医療機関等の窓口で自己負担した医療費は実際にかかった医療費総額の一部です。自己負担以外の医療費はソニー健保が医療機関等へ支払っていますが、その医療費は皆さまや会社が負担した保険料によってまかなわれています。
 貴重な保険料を有効に使うためにも一人ひとりが医療費に対するコスト意識を持ち、適正受診や健康管理を心がけていただきたいと思っています。
 毎月20日にそれまでに確定した医療費を通知(原則として保険診療を受けた月の4カ月後(Q&A参照)に通知)していますので、ぜひご家族皆さまでご覧になり、医療費への理解を深めていただくひとつの機会になればと思っています。


保険給付金・支給決定通知書

 『保険給付金・支給決定通知書』は、以下の給付金を受ける方に通知されます。
 
  1.一部負担還元金
  2.家族療養付加金
  3.高額療養費(本人・家族・合算)
  4.合算高額療養付加金
  5.訪問看護療養付加金(本人・家族)

 原則として保険診療を受けた月の4カ月後(Q&A参照)の20日に通知されます。
 給付金は、原則として通知があった月に給与と一緒に支払うようになっています。支払方法はお勤めの会社によって異なりますので、詳しくは事業所の健保事務担当者へお問い合わせください。
 また、この通知書は、医療費控除の申告をする際の給付額の証明にも利用できますので、必要な方は印刷して申告書に添付してください。
 なお、1〜5以外の保険証を使わない現金給付(出産育児一時金、傷病手当金など)は、個々に『保険給付支給決定通知書』が送付されますのでご確認ください。


▼医療費控除とは…
 サラリーマンにはほとんど縁のない確定申告(2月16日〜3月15日)ですが、こと医療費に関しては納め過ぎた税金を計算し直し、払い戻してもらえる医療費控除(税金の還付申告)という制度があります。
 一年間(1月〜12月まで)に家族全員にかかった医療費の自己負担額が10万円(または所得の5%)以上であれば、控除の対象となりますが、詳しいことは最寄りの税務署にお尋ねください。
 なお、申告の際にはかかった医療費の証明が必要ですから医療機関等が発行した『領収書』は大切に保管しておきましょう。

Q&Aコーナー
確定申告をするために1月20日通知の『医療費のお知らせ』を確認したところ、10・11・12月分の医療費が通知されていませんがどうしてですか? また、『保険給付金・支給決定通知書』が診療後4カ月遅れで通知されるのはどうしてですか?

どちらも同じ理由です。医療機関等は原則として月末締めで医療費を集計し、その後「1カ月間に誰にどんな内容の診療を、どれだけしたか」という医療費の報告書兼請求書(レセプト)を作成します。ソニー健保ではレセプトが届き次第、給付金の計算をしていますが、医療機関等からの請求書がソニー健保へ届くまでに2〜3カ月かかるために1月20日通知の「医療費のお知らせ」では10・11・12月分を通知することができず、また「保険給付金・支給決定通知書」の通知も4カ月遅れになるのです。


住所が変わった場合

 ソニー健保では、本人(以下、被保険者という)ご自身の住所情報のみならず、家族(以下、被扶養者という)の最新の住所情報も管理しています。これは、ソニー健保からの発送物等の誤配送を防ぐだけでなく、被扶養者がお住まいの市区町村からの医療費助成(乳幼児(こども)医療費など)を受けているかどうかを判断するための、大変重要な情報となります。
 よって、被扶養者の住所が変更になったときや、被保険者と被扶養者の居住状況に変更があったとき(同居から別居になった場合 または、別居から同居になった場合)は、すみやかに届出てください。(保険証の添付は不要です)
また、保険証裏面の住所欄は、ご自身で修正してください。

被保険者(本人)
対象者 変更申請方法 申請用紙
@事業所在籍中の被保険者
  (※1)
届出不要
A任意継続被保険者 ソニー健保へ申請書を提出 任意継続被保険者諸変更届
B特例退職被保険者 ソニー健保へ申請書を提出 特例退職被保険者諸変更届
(※1)ソニー事業所在籍中の被保険者(任意継続被保険者、特例退職被保険者以外)については、事業主より住所情報を自動連携しているため、ソニー事業所在籍中の被保険者の変更申請は不要です。

被扶養者(家族)  届出をお忘れなく!!
※ソニー健保では、家族の追加/削除の申請だけでなく、家族の住所が変更になった場合にも「被扶養者(異動)届」を使用いたします。
対象者 変更申請方法 申請用紙
上記@の被扶養者
(※2)
事業所(本籍)人事の健保担当へ申請用紙を提出

※ただし、保険証に記載されている「記号」によって提出先が異なる場合があります。
提出前に必ず こちら をご確認ください。
被扶養者(異動)届
上記ABの被扶養者 ソニー健保へ申請書を提出 被扶養者(異動)届
(※2)<間違えやすいケース>
被保険者と被扶養者が共に住所変更(変更前:同居⇒変更後:同居)した場合、被保険者の変更申請は不要ですが、居住状況に変更が無くとも、 被扶養者の変更申請は必須 となりますのでご注意ください。


【注意事項】
  • ご家族が市区町村からの医療費助成(乳幼児(こども)医療費など)を受けている方は、ソニー健保からの付加給付金を停止する必要があるため、最新の住所情報が必要となります。市区町村からの医療費助成を受けているにも関わらず、正しい住所のご申請がないまま、ソニー健保からの付加給付金が支給された場合、重複支給となるため、後日ソニー健保からの支給分を返金していただくこととなりますのでご注意ください。このような事態を未然に防ぐためにも、住所が変更になった場合には、すみやかに届出てください。
    ※市区町村からの医療費助成についての詳細は、 こちら をご確認ください。

  • 正しいご住所のご登録がない場合、ソニー健保が発行する各種郵便物が届かない等の不都合が生じますので必ず住所変更申請を行ってください。

【被扶養者(異動)届提出先】

保険証の「記号」 提出先
事業所(本籍)人事の健保担当
【社内便 または 郵便】
〒110-0016
東京都台東区台東1-24-2
ソニー秋葉原ビル3階
ソニー健康保険組合 適用担当
【郵便】
〒110-0016
東京都台東区台東1-24-2
ソニー秋葉原ビル3階
ソニー健康保険組合 適用担当


【その他】

※国民年金第3号被保険者住所変更の手続きについては、
こちら をご確認ください。


Copyright 2003 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.