H18年10月より
、雇用保険の失業給付受給前も『扶養申請』が可能になります


 平成18年10月から、雇用保険の失業給付(失業保険)の受給前(待期・給付制限期間も含む)も、被保険者により生計が維持されている場合は、これまで認められなかった扶養申請が可能になります。
 ただし、失業給付の受給が始まってから扶養基準額を超える場合は、資格削除手続きが必要になります。扶養基準額を超えているにもかかわらず、そのままソニー健保の保険証を使用した場合は、医療費全額を被保険者に請求させていただきます。



@
退職後、実働5日以内に『被扶養者届(異動届)』と『状況調査書』を提出して下さい。
A 条件とは、基本手当日額が3,561円以下(60歳以上は4,931円以下)です。
この金額を超える場合は、失業給付を受け始めたら必ず削除する手続きを行って下さい
※失業給付の受給が始まっても健康保険の扶養から削除する手続きを行わなかった 場合は、後日、その間にかかった医療費を請求させていただきます。
B
最後の失業給付受給手続き後、実働5日以内に『被扶養者届(異動届)』、『状況調査書』に『雇用保険受給資格者証』の写し(両面)を添付 して下さい。

 お問い合わせ先
 ソニー本社ビル 11F
 ソニー健康保険組合 適用担当
 TEL:050-3807-5059 (専用線:9-562)

Copyright 2003 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.