医療費助成に該当しているにかかわらず、
  病院での支払の際に、窓口負担分を支払った場合


【ご注意!】

  1.  お住まいの自治体以外に所在する医療機関で受診した場合(他県受診といいます)は、医療費証を持っていても、 いったん医療機関で一部負担金をご自身で支払ったうえ、後日、領収書など必要書類をもって、お住まいの区役所等へ申請し、 一部負担金の払い戻し(償還払い)を受けることになります。
     また、自治体によっては、窓口負担の現物給付を行わず、すべて一旦はご本人が立替払いを行い、 後日、領収書をもって区役所で申請を受け付ける償還払い方式を取っているところもあります。
    ★予め、お住いの自治体の医療費助成ホームページなどで詳細を確認することをおすすめします。

  2.  1.の場合、一旦立て替えた一部負担金が、 一診療あたり2万円を超えた場合*は、 区役所に公費助成の 償還払い申請をする前に、必ずソニー健保宛に以下の「高額療養費・付加給付申請書」を提出してください。 ソニー健保からご本人あてに 一部負担金の軽減分の給付を行い、給付通知を発行します。
     公費助成の対象になるのは、一部負担金からソニー健保の給付金の分を差し引いた残額となりますので、 区役所へ償還払いする際には 医療機関の領収書とソニー健保の給付金通知の両方が必要です。
    (※ 医療機関の処方箋に基いて、調剤薬局で薬剤を受け取り、薬剤分の一部負担金を支払った場合は、 医療機関で支払った一部負担金と薬剤分の一部負担金を合算して2万円を超えた場合)

ソニー健保の給付金と、自治体の医療費助成についてはこちら

申請はこちら →高額療養費・付加給付 支給申請書
→高額療養費・付加給付 支給申請書(平成28年4月診療まで)


Copyright 2016 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.