出産育児一時金・付加金の受取代理制度について
※この制度は平成23年4月以降の分娩が対象となります。


分娩予定の医療機関等(注1)を受取代理人とし、被保険者がソニー健保へ事前に申請(注2)することにより、医療機関等が被保険者に代わって出産育児一時金(付加給付額含む)を受け取る制度です。
 
(注1)受取代理制度は厚生労働省に事前に届出を行なった医療機関等での利用に限られます。
(注2)分娩予定日まで2ヶ月以内の方が申請できます。

1.支給までの流れ



@ 医療機関等に受取代理制度利用の同意(※1)を得る
A ソニー健保に@の『出産育児一時金・付加金 請求書 (受取代理制度用)』を提出
B ソニー健保から医療機関等へ受取代理制度利用受付の連絡
C 分娩後に医療機関等からソニー健保へ分娩費用の請求
D ソニー健保から医療機関等へ分娩費用(※2)の支給
※1 『出産育児一時金・付加金 請求書 (受取代理制度用)』の受取代理人の欄への医療機関等による記入・捺印
※2 分娩費用が出産育児一時金・付加金の支給額を超えた場合の差額は被保険者が医療機関等に支払い、下回った場合の差額はソニー健保から被保険者に支給します。

2.ご注意
次に該当される方は速やかにご連絡ください。
  ●受取代理人である医療機関以外で出産することとなった場合
  ●『出産育児一時金・付加金請求書(受取代理制度用)』を
   提出後に資格喪失などにより出産育児一時金を請求できなくなった場合
   (受取代理制度を利用できませんので、書類を返戻いたします)