保険料徴収の対象となる賞与額の上限が変わりました!



 H19年4月の法改正により、健康保険料・介護保険料(40歳以上の方のみ対象)の
徴収対象となる賞与額の上限が変更になっています。

年間(4月〜翌3月)で支払われた賞与の総支給額につき、上限の540万円まで
保険料が賦課されます。

★ただし、賞与の合算がされるのは同一健保内に在籍中のみです。
 他健保に在籍中に支払われた賞与については総支給額に合算されません。
 (改正前⇒賞与支払1回につき、上限の200万円に対し、保険料が賦課されていました。)


【保険料計算式 H19年度料率】

  健康保険料=賞与額(千円未満切捨て)×24/1000

  介護保険料=賞与額(千円未満切捨て)×4.5/1000
            (小数点以下切捨て)



Copyright 2007 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.