平成21年1月から出産育児一時金の支給額が変わりました。

 分娩に関連して重度の脳性麻痺を発症した場合の速やかな経済的な補償に加え、その原因を分析することなどによって安心して産科医療を受けられる環境整備を目指す産科医療補償制度が平成21年1月より開始されました。

  これに伴い、平成21年1月1日以降の産科医療補償制度対象分娩(産科医療補償制度加入分娩機関の医学的管理下における在胎週数第22週以降の分娩)については、従来の出産育児一時金に3万円を加算して支給します。これは、産科医療補償制度の掛金を考慮した支給額となっています。
支給額
(1児につき)

産科医療補償制度対象分娩(※1)の場合 : 580,000円

 <内訳>出産育児一時金(38万円)と付加金(20万円)

 ※1 産科医療補償制度加入分娩機関の医学的管理下における
     在胎週数第22週以降の分娩

産科医療補償制度対象外の分娩(※2)の場合 : 550,000円

 <内訳>出産育児一時金(35万円)と付加金(20万円)

 ※2 平成20年12月31日までの分娩、在胎週数22週未満の分娩、
     及び産科医療補償制度未加入分娩機関における分娩


資格喪失後(被保険者に限る)の分娩の場合は、付加金の支給はありません。


★産科医療補償制度の詳細はこちらをご覧ください

★申請方法などの詳細はこちらをご覧ください




Copyright 2009 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.