平成23年4月からの出産育児一時金について

 政府の緊急少子化対策として、平成21年10月から平成23年3月までの分娩については、出産育児一時金の支給額が4万円引き上げられていましたが、平成23年4月以降も引き続き支給されることとなりました。
また、『出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度』に加え、これまで直接支払制度の導入による負担が大きかった小規模施設等を対象にした『受取代理制度』が導入されることにより出産時の被保険者(家族)の医療機関窓口での負担軽減が図られます。
これらの実施により、平成23年4月からの分娩については、申請用紙・申請方法等が変更になっていますのでご注意ください。

    

★直接支払制度・受取代理制度の詳細はこちらをご覧ください
 ※「厚生労働省HP」へのリンクとなります。

◆受取代理制度について

 受取代理制度が利用できる医療機関等は、直接支払制度が導入できない医療機関等で厚生労働省に事前に届出を行った医療機関等のみとなりますのでご注意ください。
また、この制度は平成23年4月以降の分娩が対象になります。

◆問い合わせ先
  SOHC(株)社会保険センター 健保グループ 給付担当(TEL:03-5769-6624)

Copyright 2009 ソニー健康保険組合 All Rights Reserved.